タッチ2(線画系)

キャラクターイラスト|整理収納アドバイザーJr.2級講座

一般社団法人 ハウスキーピング協会様の講座、「整理収納アドバイザージュニア2級認定講座」のテキスト内にて使用する、キャラクターイラストを制作させていただきました。 講座受講対象者である小学生から高校生向けに、元気で明るくビビッ...
タッチ2(線画系)

テキスト用イラスト|整理収納アドバイザーJr.2級講座

一般社団法人 ハウスキーピング協会様の講座、「整理収納アドバイザージュニア2級認定講座」のテキスト用イラストを制作させていただきました。 整理収納アドバイザーの様々な活動内容について、講座受講対象者である小学生から高校...
タッチ2(線画系)

線画イラスト|オリジナル

映画レビューブログ 「食べ頃シネマ」で制作したイラストを、線画タッチで再構築したイラストです。 食べ頃シネマ、略して“食べシネ”のテキスト担当は、「エンタラクティブライフ」を主宰する、ライターのkuriさん。 これ食べな...
その他イラスト

私立校 広報リーフレット|俯瞰イラスト

関東にある、私立中学校・広報用リーフレット内で使用するイラストを制作させていただきました。 生徒たちの学校生活を俯瞰図で描いています。 俯瞰図のイラストはボリュームもあり、正直時間もかかります。 ですが、たくさんの人物がいきい...
タッチ2(線画系)

2022.2.22猫の日!

2月22日はにゃんにゃんにゃん、で、「猫の日」。 そして2022年の今年は、「2」が6つ並ぶことから「スーパー猫の日」なんだそう。 このイベントに乗じて(!)、猫に因んだイラストを、俯瞰図タッチで。 立体的な「CAT」の文...
その他イラスト

イラストコラム|エンタラクティブライフ様

エンタメと整理収納をブレンドするwebマガジン「エンタラクティブライフ」にて 連載中の、イラストコラムのアイキャッチです。 タイトルは「千姿万態!くろねこジルシ」。 我が家の黒猫ジルを中心とした「猫あるある」な日常や、雑学?を...
タッチ1(塗り系)

機関誌・記事内イラスト|ハウスキーピング協会様

一般社団法人 ハウスキーピング協会様発行の機関誌「整理収納」(Vol.28)の特集記事用に制作したイラストです。 記事の内容は、対象読者の整理収納アドバイザーの方向けに、チェック式でわかるオススメ映画を紹介するもの。映画好きとして...
タッチ2(線画系)

雑誌特集ページイラスト|GetNavi(ゲットナビ)2022年1月号

さまざまなジャンルの商品を多角的に紹介する情報誌・GetNavi(ゲットナビ)。 2022年1月号の特集ページ「ホームセンター攻略ガイド」の扉絵イラストを制作させて頂きました。 ...
タッチ2(線画系)

書籍用イラスト|科学的に幸福度を高める50の習慣

書籍「ポジティブ心理学に学ぶ 科学的に幸福度を高める50の習慣」 (明日香出版社様/島井哲志様著)の、本文内イラストを制作させていただきました。 様々なシチュエーションでの幸福度を高める方法を、イラストで表しています...
タッチ2(線画系)

シーンイラスト|整理収納・片付けその2

片付け・整理収納のシーンイラストです。 子供のおもちゃの片付け整理方法や、リビングの片付けビフォーアフターを描きました。
タッチ1(塗り系)

星座イラスト|魚座

星座イラストシリーズ・その12「魚座」。 英名は「Pisces(パイシス、パイシース)」。 ギリシア神話によると、2匹の魚は女神アフロディーテとその子エロスが姿を変えたもので、親子が離ればなれにならないように、お互いをひもで...
タッチ2(線画系)

サイト用カットイラスト|職場環境プランニング協会様

職場環境プランニング協会(WEP)様のホームページ用イラストです。 職場で発生するさまざまな問題と、その改善イメージをイラストにしました。 同サイトのヘッダーイラストも作成させていただいています。
タッチ1(塗り系)

星座イラスト|水瓶座

星座イラストシリーズ・その11「水瓶座」。 英名は「Aquarius(アクエリアス)」。 アクエリアス、と言われて思い出すのは、某スポーツドリンク。 そして、The Fifth Dimensionの「アクエリアス(輝く星座...
タッチ2(線画系)

シーンイラスト|整理収納・片付け-その1

片付け・整理収納のシーンイラストです。 要・不要での仕分けと収納、またクローゼットの整理ビフォーアフター。 物が整理されていると、生活もしやすくなり、探し物をする無駄な時間も減りますね。
タッチ2(線画系)

シーンイラスト|リビングでくつろぐ家族

リビングで過ごす家族のイラストです。それぞれが好きなことをしながらも、同じ空間でくつろぐ様子を描きました。家族揃って同じことをするより、こういうシチュエーションの方が、案外多いのかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました